2015年4月15日水曜日

大学卒業までにかかった費用と北海道情報大学のしくみ。

無事に大学を卒業しました。最終学歴が大卒というのはなかなか気持ちが良いですね。


永住権取得のためには必要な費用も有ります。僕は貧乏性なのか節約をしまくります。
妹に曰く極端に節約をするそうです。携帯電話を解約して節約するとか。ま、skypeあるしwifiだけあればいいかなって思いました。自分的には賢い節約をしたつもりなのですが・・。
そんな僕もお金をかけるところはお金をかけます。こと永住権に必要とあれば大学だって入学します。そこで僕がお金をかけた大学の費用を今回書きたいと思います。

はじめに学費から伝えると


僕は専門学校を卒業していたので3年次編入で2年在籍する事で卒業出来ます。その2年間の学費は664,000円でした。
これは振込手数料や交通費などは含んでいません。
この金額に比べると無視できるくらい少ないです。1%の7千円弱あれば足りると思います。


学費の種類と説明


僕がACSの技術査定に向けて入学を決意した北海道情報大学の学費は主に3つに区別することが出来ます。
  • 前後期の学費
  • インターネットメディア授業の学費
  • その他(入学金や選考料など)
では一つづつ説明します。
前後期の学費についてです。
北海道情報大学は印刷授業とインターネットメディア授業の2形態で科目を学ぶことが出来ます。
印刷授業とは主に教科書と学習用プリント(問題集のようなもの)を使い勉強するタイプで、主に一人で学習します。選択した科目の数に関係なく学費は前期・後期としてまとめられます。
この印刷授業の前期・後期分の学費が「前後期の学費」になります。

インターネットメディア授業についてです。
印刷授業とは別に、学習者がyoutubeのような動画を見ながら学習を進めていくタイプで講師は教授で丁寧に教えてくれます。理解が早く学習内容がまとまっており講義授業と何ら代わりません。ただ科目ごとに追加で授業料を支払う必要があります。
僕は時間の節約と卒業を優先したかったので出来るだけインターネットメディア授業を取得しました。

その他の入学金や選考料はそのままです。1度支払えば2度と請求されません。


実際の費用は


入学金107,000円
選考料10,000円
25年度 前期学費60,000円
25年度 前期インターネットメディア授業料70,000円
25年度 後期学費60,000円
25年度 後期インターネットメディア授業料65,000円
26年度 前期学費77,000円
26年度 前期インターネットメディア授業料60,000円
26年度 後期学費60,000円
26年度 後期インターネットメディア授業料95,000円

合計:664,000円


仮に全て印刷授業だけで卒業すると、インターネットメディア授業料が必要無いので、
374,000円で卒業出来ます。

永住権申請に必要な技術査定。それに認定される為に大学に掛けるお金としては高く無いと思います。もし認定がされなかったとしても学士(経営情報学)がもらえます。

念のため補足ですが、技術査定に認定されるためには大学卒業資格(学位)が必要ですが選択科目を出来るだけ多くIT系にして下さい。そして3年次4年次に選択する科目の割合を多くして下さい。
これは審査にとても影響します。

ちなみに永住権のポイントテストで優遇される豪州内での就学ポイント。
これはオーストラリア国内にある通信制大学を選んだ場合、ポイントの対象外になりますので注意して下さい。書いていました。


2 件のコメント

  1. 初めまして。

    私も将来的に海外でITインフラの分野で働けたらと考えています。
    そのために少しでもアピールポイントを作ろうと北海道情報大学での通信制での学位取得を検討中です(まだITスキルが浅いので数年後になりますが・・・。)

    こちらの大学はIT関連の知識が浅くても自己学習で卒業できるレベルなのでしょうか?
    また試験はインターネットだと自宅で受験できるタイプでしたか?

    仕事をしながらの大学通信制での勉強はさぞ大変だったと思いますが、2年ストレートでご卒業されてて凄いと思います。オーストラリアでの移住も是非頑張ってください!!!!応援しています!!!!!

    返信削除
    返信
    1. Tommyさん、初めまして!
      アピールポイントは沢山あるほうが良いと思います!

      Tommyさんはエンジニアとしてどれくらいのご経験があるのでしょうか?
      僕の場合は大学に入学する時にはすでに応用情報技術者試験をパスしていました。
      それもあって授業の内容の3割くらいは試験勉強と関わっていたのでとても難しくは思いませんでした。それでも3,4年時の科目は難しいものがありましたが試験ではノートの持ち込みが可能なので試験準備さえしっかりすれば大丈夫です。

      試験は科目によってはインターネットで出来るものがありますがほとんどは試験センターに行かなければなりません。

      僕が出来るアドバイスはとてもシンプルです。
      海外で働きたい。その気持ちが本物であれば必ず大学は卒業できます。そうとわかれば今から入学準備をしてください。問題はいつ卒業できるかです。2年で卒業が出来ない可能性があるのであればなおさら早いほうが良いです。

      お互い頑張りましょう!

      削除