2015年4月7日火曜日

永住VISAどころじゃない。マジでヤバイよ俺の夢。

こんばんわ。英語の聞き取りが日に日にドンドン上がってきます。

最近は日頃の勉強のかいあってだいぶ聞き取れるようになりました。
ルンルン~。なんてちょっと思っていたら重大なことに気づきます。

アジア人の英語とネイティブ英語は発音が全く違う。
いや。マジで。中国や韓国人の英語なまりは日本人と似ています。

これはかなり僕に焦りを与えました。
ルームシェアにいる人は全員アジア人です。今は日本人と台湾人が半々程度の割合になっています。

今週はキリストの復活祭ということで金曜日から月曜日までお休みで、いい機会だと、
クリスチャンでもないのにクリスチャンの知り合いと教会に行き、人と話してきました。
その次の日にはインターネットで知り合ったオーストラリア人と会ってきました。



話している英語がぜんぜんわからない。スピードが早過ぎる。そして単語と単語の間のブランクが全くないように聞こえる。

そう。自分の耳がアジア人英語に慣れてしまっているんです。だからネイティブの英語が全くわからない。聞き取れないことに気づきました。そしてもうひとつの問題が、シェアルームの公用語が日本語と台湾語です。

英語でほとんど話しません。これも気づいたのですが、日本語で聞き考えたりすると英語脳に切り替わっていってもすぐに元に戻ります

ついでに、家の値段が安いだけあって、みんな遊び人です。
うるさいし、全体的に不潔だし最悪。

こんなんじゃ、IELTSのスコアをあげることが出来ない。というか英語を話せるようになる気配が感じない。
マジで不安。

ということで、ちょっと高くてもいいからオーストラリア人のシェアルームを探すことにしました。
初めはほんと寝に帰るだけに使おうと思ったこの家ですが、上記の点が僕の英語勉強をとてもとても妨げるので。方向チェンジです。

みなさんも気おつけて下さい。アジア人(ワーホリ適当英語)に耳がなれると返って自分の英語の成長を阻害する事になると思います。

1 件のコメント

  1. シェアを探すんだったら、aplacのシェア探しのやつがお勧めです。
    やり方を詳しく解説しているので、一読してみてはどうでしょうか?
    http://aplac.info/gogaku/share01.html

    返信削除