2016年10月10日月曜日

苦渋の決断。転職という道。1

人生の分かれ道。安定かリスクをとり未来にかけるか。悩むところですね。

いきなり何のことかさっぱりだと思いますが、転機がありました。
実はこの出来事は数か月前のお話しなので現在進行形ではないのですが、ブログの記事の関係上、現在の事として書かせていただきます。

以前に記事にさせていただきましたが、2012年に某質問サイトで出会ったAさんという方と年に数回、お互いの近況などを連絡し合っていました。その方から今回お仕事のお誘いがありました。
関連リンク:移住するのに、コネ作りは大切?某質問サイトで知り合った人の話

永住権の為なら、どんな環境でも2年働く決意でしたが、今の会社で2年働く事は避けたいなぁと思っていた時のお誘いだったのでとても嬉しかったです。

Aさんのプライベートなので詳細は書けませんが、2012年に出会った時から永住権についての有益な情報を頂けたり、オーストラリアに着いてからはここでの生活について色々と教えていただけたりとお世話になっていました。
そんな方が今回、ご転職されるという事で、お話がありました。

この場をお借りして本当にありがとうございます。

今の会社では労働環境が結構きつく、自分だけ強制労働をさせられている環境だったので本当にうれしかったです。

ただ、今の会社ではもう会社から信頼もあり仕事の進め方や慣れなどあり本当に転職するべきか悩みました。今の会社でも永住権のスポンサーになってくれるのはほぼ確実だったからです。

次回は、そのあたりも含めて書かせていただきますね!

4 件のコメント

  1. いつも拝見させてもらっています。転職が決まったようで良かったです。私も前職では似たような?環境にあったので自分のことのように感じていました。早く永住権がとれるといいですね!

    返信削除
    返信
    1. こんばんわ!いつもブログを見ていただきありがとうございます!この業界、国は違えどそういう劣悪環境は少なくないのかも知れませんね!このプランだとあと2年後に永住権に漕ぎ着けそうです。がんばりますね!だいきさんはもう永住権保持者でしょうか?

      削除
  2. 返信が遅れてしまいました。僕の場合は、スキルアセスメントでもう少し点数を取ればよかったので、IELTSで7を取ったら永住権が取れて、仕事を選ぶ立場になれるので必死で英語の勉強をしていました。ただ難しかったのは上司との関係でした。勉強すれば仕事が疎かになり、仕事が忙しいと英語が疎かになるという感じ。。。
    今はなんとか永住権が取れて9時5時の仕事です。転職するにしろしないにしろ、体だけはお大事にしてくださいね。

    返信削除
    返信
    1. お返事が遅れてしまいました。ダイキさんも永住権を大変な努力をされて取得された方だったのですね。僕は2年後に、ダイレクトエントリーで457の延長としてIELTSの点数が最低5あれば取得できそうです。
      僕も永住権に向けて頑張りますね!ブログをお読みくださってありがとうございました。

      削除