2016年12月12日月曜日

ドイツの移民問題とオーストラリアの移民問題

こんにちわ。やっと暖かくなってきたパース。
ここ1週間は夏を感じました。

さて、今日は移民についてです。
ドイツのあるグループが移民の密集地とその犯罪件数をGoogleマップを使ってまとめたそうでその記事について見る機会がありました。

密集地
https://www.google.com/maps/d/viewer?mid=1UsAALqF4_u2PkehQmdSbmmBlcbw&hl=de&ll=51.32134589041251%2C10.500277900000015&z=5

犯罪件数
https://www.google.com/maps/d/viewer?mid=1_rNT3k2ZXB-f9z-2nSFMIBQKXCs&hl=en_US&ll=51.90670822027696%2C6.969721633496192&z=5

これを見ると、移民の密集地と犯罪件数に相関性があります。
オーストラリアの人口のうち、25%は移民だそうですが、表立った犯罪などはあまりニュースでも見ません。

これを自分なりに考察してみると、移民する為のハードルの高さが関係しているのではなかと思っています。
移民する為には何らかの、人より秀でた能力が必要であったり、会社がその人のスポンサーになってあげたいと思わせる、能力や人となり。

シリア問題で難民をどんどん受け入れているドイツなどはある意味、さまざまな人たちがいると思います。

そういった意味で、オーストラリアは移民国家としては成功しているのかもしれませんね。

永住したいと思う全ての人に幸運を。


2 件のコメント

  1. こっそりとブログを拝見させていただいておりました。
    僕もオーストラリアにワーキングホリデーでいますが、少しだけ頑張ってみようかなぁという気になりました。

    ありがとうございます。

    返信削除
  2. コメントありがとうございます!
    匿名さんも永住を目指しているのですね。ワーキングホリデーという限られら時間、絶対にあきらめないでくださいね!

    返信削除