2017年4月19日水曜日

457 VISAの法改正(改悪)

景気が悪くなってきているんでしょうね。
またVISA絡みの法律が改悪されました。


まず、457VISAとは、いわゆる労働VISAであり最大4年間オーストラリアで働くことが出来るものです。

労働なのでもちろん雇用主(スポンサー)が必要になります。そして雇用主はなんらかの事情により従業員を雇えなくなりスポンサーになってあげた457VISAを持つ従業員を解雇したとします。

これまでは解雇してから90日間はVISAキャンセルの執行猶予がありました。
いわゆる90日以内に新しいスポンサーを探したらVISAはキャンセルしないよ。というものです。

それが60日に短縮されました。
参考リンク:Your Obligations 

もうちょと理屈っぽくいうと、457VISAにはその人が守らなければならない条件、「コンディション8107」というものがあります。その中にある今回の条項が変わることになります。

ちなみにこのコンディション8107とはスポンサーになってもらった直接的な人、つまり僕が守らなければならない約束事で、他には「コンディション8501」という、その家族が守らなければならない約束事も決められています。

いったいどこまで改悪されるんでしょうね。頼むから僕のPR申請するまでには改悪はやめてくれという気持ちでいっぱいです。

永住したいと思うすべての人に幸運を。

0 コメント:

コメントを投稿