2017年6月28日水曜日

オーストラリアに旅行するときに保険は必要なのか。

今回の記事で何か新しい視野が広がればと思います。

海外旅行やワーキングホリデーなどで海外に滞在するときに、大体の方が入っているのが保険。さてそれって本当に必要でしょうか?

保険の考え方

安心をお金で買う。海外滞在中にそう言った不安を取り除いてくれるのが保険。そうして多くの人が保険に入りますが、支払う金額が見合ったものになるのかを考える必要があると思います。

保険の考え方はみんなで少数派を助けてあげようというコンセプトから来ています。
そうして負担しあうそれぞれの保険料は企業の手数料が加味されているので通常は割高になっていると考えるのが妥当です。

オーストラリアに来て実際に保険を使った人もいました。スーツケースが壊れたとか、病気になったとか。しかし、1年間を通してそれらは数万程度で実際に支払う保険料はその何倍も高いケースが多いです。

1年間の海外保険料はおそらく10万円以上するでしょう。しかしそのうち一部の人が数万円を使うのがせいぜいです。

僕の考え方

もしも何か問題が起きた時にかかる費用が何百万、何千万円になる場合は保険に入ることを考えますが、そのケースは

重大な事故や急性かつ重大な病気に限られると思います。

その可能性は少なからずあるとはいえおそらく一生に何度も起きることではありません。
とは言いつつ、6歳の時に突然盲腸になった経験はありますが・・・。

前出で述べたスーツケースや軽い病気程度ならその支払うはずだった年間の保険料で十分まかなえます。

海外旅行に行く場合の不安もあり、安心をお金で買うという考えの人は保険はその確率以上にメリットがあると思いますがそれ以外の僕のような人についてはメリットはあるとは言いにくいでしょう。

保険で支払うはずのお金を貯金して何かあった時に使えばいいだけだと思います。
僕は今3年目で保険に入っていた場合は35万円程度支払う必要がありましたが保険に入っていなかったため35万円程度を自分の口座に余分に持っている状態です。

これで大概のことは対処できるでしょう。そして毎年保険料だった12万円程度が増えることになるので対処できることが増えると言えます。

一度考えてみてください。大切なお金です。
そのお金は永住のために、何か非常に大事なときのために使えるかもしれません。


永住したいと思う全ての人に幸運を。



0 コメント:

コメントを投稿