2017年7月26日水曜日

世界で最も住みやすい国はどこか。以外と日本は素敵だった。

BestCountriesと言うサイトが毎年発表している世界で一番住みやすい国ランキング。


今年も発表されました。(そういうサイトがあるのを今日知りました。)

このBestCountriesで公表されているリストは主要国を含む80カ国のランク付けだそうです。
何を元にそのランキングがなされているのかというと収入、治安、気候、ご近所さんとの関係、老後、ビジネスのしやすさ、文化など大きく9個のカテゴリで点数が付けられ、それぞれのカテゴリはさらに細分化された内容で評価されます。

参考リンク: Overall Best Countries Rankings


順位はこうだった

オーストラリアは何位でしょうか。そして日本はいかに・・。と調べた結果、

オーストラリアは8位!結構上位です。
その一方で日本はなんと5位!

実は日本のランクの方がオーストラリアより高いことがわかりました。日本はオーストラリアより住みやすいそうです。
ちなみに10位までを列挙すると、

  1. スイス
  2. カナダ
  3. イギリス
  4. ドイツ
  5. 日本
  6. スウェーデン
  7. アメリカ
  8. オーストラリア
  9. フランス
  10. ノルウェー
ちなみに、最下位はセルビア。
やはりヨーロッパ諸国のランクインが目立ちますね。

では、オーストラリアと日本の違いはというと、


こんな感じです。クリックすると拡大が見れます。
僅差で日本が上位にランクインしていますが両国のスコアを見てみると強みと弱みがはっきりしていますね。 ランクがオーストラリアが低い、日本が高いからと言って一概に日本が住みやすい!という判断は難しいと思います。

国ごとの特色


特徴的に、日本のカテゴリ毎のスコアは平均(真ん中)に近い状態なので全体として平均以上を目指しているということでしょうか。ずば抜けて高い、ずば抜けて低いというカテゴリはないですね。強いて言えばアドベンチャーくらいですか。
ちなみにこのアドベンチャーを構成している要素は、「楽しさ」や「親しみやすさ」や「気候」そして「セクシー度」で構成されていました。この最後のランクがなぜ必要なのか不明ですがね!

対照的にオーストラリアは強みと弱みがかなりはっきりしていています。強いか弱い。
長所を伸ばして短所は放置のような感じでしょうか。
 オーストラリアらしいかもしれません(笑

まとめ

順位はあくまで平均値であるということです。つまり国ごとに特色があり、どの国が一番素敵なのかということではなく、どの国があなたに合っているのかということが重要ということですね。

移住先を見つける際は、こういう指数を判断材料に、自分にとってベストな国を探してみるのはいい考えだと思います。
例えば、カナダは2位ですが、僕は寒さが苦手です。そういう人にとってはオーストラリアやシンガポール(15位)の方がいいかもしれません。

あなたにとって一番の国が見つかればいいですね。

永住したいと思う全ての人に幸運を。


2 件のコメント

  1. 楽しくブログを拝見させてもらっています。私と似たような境遇だったためコメントさせてもらいました。英語の勉強は大変ですよね。私は、オーストラリアに行く前にフィリピンのITILの学校に行ってからオーストラリアのケンブリッジCAEコース、専門学校を卒業しました。今はIT会社で働いています。将来的にはオーストラリアに戻りたいと思っています。これからも応援しています。頑張ってください。

    返信削除
    返信
    1. ゆたさん、こんにちわ!いつもブログを読んでいただきありがとうございます!
      専門学校まで卒業されたのですね。同じ志を持つ仲間がいればちょっとほっこりします。オーストラリアの法改正も悪くなる一方ですが永住ができるといいですね。IT系はどこでも募集をかけている感じなのでそれだけの経験があればポジティブにいけると思います。お互い頑張りましょう!
      今後ともよろしくお願い致します!

      削除