2017年8月16日水曜日

タックスリターンでVISA申請費用は対象になるのか。

今年もタックスリターンの時期がやってまいりました。



日本でいう確定申告。その内容にVISAの申請費用を含めることができるのか。
実際に試してみました。

合法なのか


直感的に考えるとダメだと思います。
どこにも確かな情報は載っていなかったのですが、申請の項目で仕事に関わる項目がありました。
クリーニング代や服などいわゆる仕事をする上で必要になってくる費用ということでしょうか。
それを解釈すると、VISAというのは仕事をする上で必ず日超な「経費」だと捉えることができきると思い試してみました。


VISAの費用とその内訳


457VISA申請に掛かったのは費用は3,500ドル程度。日本円で大体30万円くらいでしょうか。
申請費用に1,000ドル程度、会社指定のエージェントに支払ったのが2,500ドル程度です。

 
ちなみに本来であればエージェントに対する支払いは1,500程度で済むはずですがブラック社長とエージェントの間で支払に関する調節が行われたようで社長の支払いを少なくして、僕たち申請者の費用にそれを転嫁するような策がとられた関係で費用がこのように高くなりました。

まぁ、申請が通った2ヶ月後には会社を退職しているのでその辺りは良しとしましょう。
ちなみに当時はワーホリでしたがVISA申請の関係で1年と2ヶ月在籍して働いていました。もちろん合法です。


話を元に戻す


さて、話を戻します。
タックスリターンの申請にはVISA申請の政府に支払う費用も含め全ての金額を提出しました。
もちろん、控除項目名には「VISA申請に関わる費用と申請費用」と書いて。

すると1週間もしない内にオーストラリア税務局から連絡が来て申請が通ったことの通知が来ました。

タックスリターンで戻ってきた額、1,200ドル程度。結構デカイです。
日本に帰る飛行機代が浮きましたね。


結論


今回はもしかしたら申請が通らないかもという恐れはありましたが実際にやってみるとスムーズに通り、申請ご2週間程度でお金が口座に振り込まれました。

学生VISAやその他仕事と直接関係のないVISAの場合はわかりませんが少なくても私の持っている457VISAに関して言うと問題ないようです。

もしかするとワーキングホリデーなどもいけるかも?
気になる方は試してみてください。

永住したいと思う全ての人に幸運を。

0 コメント:

コメントを投稿