2015年3月20日金曜日

大学の卒業式に行ってきました。必要なドキュメントが揃う。

今日は待ちにまった卒業式。待ちにまった2年でした。

実際、卒業式には行く必要はないのですが、ACSの技術査定認定に必要な卒業証明書・成績証明書を日本にいる間に確実に手元においておきたかったので出席しました。
これでACS申請時に必要なドキュメントで僕待ちのドキュメントは全て揃いました。

永住権絡みで卒業式に参加するメリット

北海道情報大学の卒業式に出席する利点は確実に19日に証明書を受け取ることが出来る点です。当初、速達で受け取ろうかと思いましたが「間に合わない・届かない・申請間違い」など不足の事態に備え出席することを選びました。

出席地は東京だけではなく全国の教育センターで好きな場所を選べます。僕は今大阪に住んでいるので大阪教育センターを選びました。

大学の卒業式は通学生と通信教育部が合わせて行われることになりました。タイムスケジュールは以下の通りです。

  • 10時~11時半
    北海道情報大学の本学での学位授与式
  • 11時半~12時
    全国の各教育センター個々で学位授与式
  • 12時~13時
    卒業証明書・成績証明書の配布。
    お食事会
なので、僕みたいに各種証明書を貰う場合は、12時まで待たなければなりません。
その後のお食事は美味しいお弁当が出ました。
普通に2000円くらいはすると思います。

ちなみに、11時から始まる大阪教育センターでの卒業式で卒業生は30人近くいましたが、通信教育の正科生Aは僕を含めて二人だけ。
残りは正科生Bです。


卒業式の印象と同じ道を歩む方へのメッセージ

大学の学位授与式では
  • 卒業生は1000人近くいた。キラキラネームは1名。(宇宙と書いてコスモ君。そして欠席)
  • 通信制の卒業生は総勢300人超いた。
が印象的でした。
本学の通学生も卒業式に参加するので平均年齢は22前後でしょうか。それを考えるとキラキラネームはもっと多いと思いましたが1名だったので以外に思いました。
それ以外では、「勝利=しょうり」って人がいましたね。

通信制の卒業生は正科生AとBを含んで300名ちょいでしたので結構いるんだなぁと。
ただ12時からのお食事会では正科生Aの卒業は4年制だと6,7年かかる人が多いとのこと。
また途中で挫折して辞める人がかなりいるそうです。

だから僕みたいに3年次編入で2年で卒業(最短)出来るのは珍しいそうです。
僕の場合は”技術査定をクリアするために。永住するために”という明確な目標が合ったことが大きいと思いますが、それでも運が良かったのかもしれません。

同じように永住権(独立技術系)を目指す方は出来るだけ早く入学することをおすすめします。

0 comments:

コメントを投稿