2017年5月21日日曜日

強制退去を成功させたオージービーフ。

ぷに。以前はLeedervilleにあるボロ家(シェアハウス)に住んでいましたが引っ越しすることになりました。


なぜ

強制退去です。ヒドイ・・・。
ご近所さんとこの家の関係がよくなかったことが根底があると思います。

この家のオーナーは中国人で普段は中国に住んでいます。
時々見回り?か何かで遠い中国からオーストラリアまでやってきます。

犬を連れて。

犬。そう犬は吠えますよね?
夜中に吠えているらしく、ご近所さんのオーストラリア人から何度も苦情が来ていました。

このオージは、20代の若者。家のドアを激しく叩き、犬がうるさくて寝れないと声をあらげて、喧嘩腰に話してきていました。

この家の隣にもっとうるさい犬がいるにもかかわらず。


強制退去を成功させたこのクレイジーオージビーフ。

家の庭には長年放置されたプールがあります。
水の色は黒色です。本当に。

この水に対して衛生面の苦情を政府に提出したらしく、中国人のオーナは罰金を支払うかそのプールを埋める必要が出てきました。


結果

中国人オーナーはプールを埋める事に。
そして、なぜか僕たちも出ていくことになりました。

かなり、ハテナです。

家の人数も減ってきたので、シェアハウスを終了したいという理由もあったのでしょうが、結構みんなが好き勝手にやってる感じです。

そして今、
また別のシェアハウスに来ています。会社から徒歩10分程度のところなので良かったのですが家賃が結構上がりました。
ただオウンルームにしてはかなり安いほうなので嬉しい部分もありますが、前の家のほうが良かったなぁ。

という感じです。

本当、何があるかわかりませんね。

永住したいと思うすべての人に幸運を。

0 comments:

コメントを投稿