2015年8月29日土曜日

諦めない力。自分を信じる事が出来る人だけが永住に成功する。

ワーホリって聞くと海外で働くなんてすごいね!って思いますが現実はただのフリータです。
働く場所が変わっただけ。

けど、それが現実なんです。
オーストラリア人もワーホリできている人たちは皆おかしいと言っていました。ま、彼の場合は日本人のワーホリ彼女がおかしかったんですけどね。女性は彼を足代わりに使っていたそうです。

詰まる所、ワーホリの人は結局遊びに来ているだけで、お金が無いから働くといった方が多い。または日本よりは時給が良いから働きに来ているという感じです。

オーストラリアではこんなシェアハウス生活をしているせいか色々な方と関わることが多いです。
これまでたくさんの外国人や日本人の方に出会ってきましたが僕のように永住権を真剣に考えて準備をしてここに来て、行動している人に今まで出会ったことがありません。

ほぼすべての人が遊び半分。ただのフリータでした。気持ちもわかります。
オーストラリアは誘惑が多い。新しい環境、新しい友達、新しい言語、新しい発見。
ある意味すべてが新しい体験かもしれません。だからそれに流される。

ある時の体験です。僕の慕っていた友達がパースを離れる少し前に新しい日本人がシェアハウスに来ました。彼女は日本で先生をしていたらしく、数年後に日本に帰ったらここでの体験を生徒に伝えたいといいます。当時彼女は仕事がなく、とても苦しがっていました。
どんな仕事がしたいの?と聞くと彼女は言います。
私は日本語の先生として働きたい。と。
その彼女は今、レストランで働いています。諦めたんです。

僕がワーホリで来たのは、1年間語学学校に通わずにオーストラリアに来れるから。
集中して英語の勉強をしたいから、スポンサーを見つけるために来ました。

オーストラリアに来て、多くの人が僕に同じことを言います。
精神的な負担を軽くするためにも、働いたほうが良いよ。語学学校が終わればする事がなくなるから働いたほうが良いよ。働いたほうが英語の勉強にもなるよ。
と。
だけど僕はそんな話に耳を貸さず(適当に合わせました)ひたすら英語の勉強とスポンサー探し。

僕は分かっていました。1つの妥協は新しい妥協を生む。その2つの妥協から新しい2つが生まれる。そしてそのうち目的が自分にとって大事ではなくなり夢が夢と思わなくなり、夢がかなわなくなる。
僕はここに遊びに来たんじゃない。僕は人生を変えに、永住するために来たんです。

僕の信念は
人は夢を諦めて行動を止めてしまうから夢が叶わなくなる。

絶対に諦めない力、自分の将来を信じる力を持った行動し続けてる人だけが永住権を取得出来ると思っています。
貴方がSUCCESSとFAILUREの分かれ道に立った時、その力が試されるのです。








0 コメント:

コメントを投稿