2017年5月31日水曜日

職業リストが大幅改訂

Posted on 13:33 in にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へClick Plz
今回の記事は職業リストについてです。
最近、政府が移民法を変えまくっていますね。

すべての永住権に関係のある職業リスト。そのリストは目的に応じてCSOLやSOLなどいくつかありますが、今回はCSOLとSOLの職業リストの目的自体を大きく変えるような法改正になりました。

参考リンク:Change to Australian Pernanent VISA


どのような人に影響があるのか

基本的に労働に関係するすべてのVISAに影響があります。
労働とひとくくりにするとわかりにくいかもしれませんが、いわゆる労働VISA(457 VISA)や永住権(189,190, ENS, RSMSなどのスポンサーありきの永住VISA)に影響されます。

永住権を狙っている人すべてに影響があると言っても過言ではありません。
あなたが、投資家(オーストラリアに数億円以上の投資を数年以上続けることが出来る人)やスポーツ選手、タレントなどいわゆる卓越した職業経験がない限り、この法改正に当てはまります。


CSOL,SOLとは

CSOLは Consolidated Sponsored Occupation List 、つまり企業スポンサーありきのVISAを申請するときに、あなたがついていなければならない職業です。

SOLはSkilled Occupations List、オーストラリア政府が国内の供給不足だとみなした職業になります。基本的に高度な能力を必要とする職業で、医療関係やエンジニア、プログラマなどが常にリスト上にある傾向があります。

これらのリストは定期的に見直され、1年に一回は最低更新されていきます。


法改正の内容


まず、そもそもの目的が変わります。目的が変わるので名前も変わります。
CSOLはSTSOL、短期熟練職業リスト(Short-Term Skilled Occupations List)と言う名前に変わります。

SOLはMLTSSL、中長期戦略的技術リスト(Medium and Long-term Strategic Skills List)と言う名前に変わります。

リストの英文に「Term」と言う単語が使われています。意味は「期間」ですが、
これらは企業スポンサー、熟練労働者と言う以前使われていた名前を置き換えている通り、目的が変わりました。

これまでの目的は、
企業が労働者不足と考えている職業リスト(CSOL)
政府が労働者不足と考えている職業リスト(SOL)

から

一時的に必要と判断される職業リスト(STSOL)
国家経済を成長させる為に必要な職業リスト(MLTSSL)

に変わったということです。

労働VISA(457VISA)の条件もこれに合わせて、VISA有効期間がこれまでの4年から2年と4年の2タイプに分かれることになりました。

また、そのVISAからの永住権への道は絶たれます。


以前の記事 
457 VISAの法改正(改悪) 
悲報 - 457VISAがまた改悪されます。



結局名前が変わっただけ?

言ってみれば今まで通りで名前が変わっただけだと言えなくもないですが、目的が変わったことで大幅に職業リストから職業が削除されました。(泣)

STSOLは657あった職業のうち216個が削除されました。3分の1が削除されたことになります。

MLTSSLにいたっては今審議中ですが、政府曰く、本当に価値のある職業だけ残すそうです。

おそらく大幅に削除されるでしょう。


まとめ

日に日に狭くなる永住への道、今後数年でさらに狭くなりほとんどの人は永住をあきらめざるをえないでしょう。

ただ、必ず道はあります。
可能性は0にならない限り、努力と準備次第でなんとでもなるはずです。
探してください。自分に合う道を。

永住したいと思うすべての人に幸運を。



0 コメント:

コメントを投稿